UVで肌焼けする仕組み

長期間、太陽光を受けていると日に焼けることは、およその方が分かってますね。日焼けの原因である太陽光とは、一体どういった物でしょう。

紫外線というものは、太陽光線の一つであり、タイプをA波、B波紫外線、C波にわけることが出来ます。ガラスの様な光を通すものでは、紫外線光a波を遮断する事は困難で、皮ふへ届きます。ガラス窓を挟んで太陽光をあびてた時や、自動車で外出をしてた時でも、太陽光A波は届いてしまうため肌焼けしてしまうのです。

いっぽう、紫外線光B波については雲で防げるから、くもりの日は、雨が降っている日減るのです。天気により照射している量が異なる紫外線光量とは、此の紫外線B波なのです。

紫外線C波が日焼けしちゃうことに関係はないのです。なぜなら、UVC波は雲を突破できないからなのです。

A波に関しては、硝子を通り抜ける事が可能であるため、肌の奥の真皮層まで届いてしまいますが、有害度合で言うならB波ほどじゃないといわれているのです。

皮ふの日に焼ける事を考えるのだったら、部屋でも紫外線を浴びてしまうので、常に対処を実行する必要のあるUVなんです。お肌の色が小麦色になることだけが、日焼けの作用ではじゃ無いのです。しみやくすみが増加するし、たるみや肌の老化要因にもなってしまうものなのです。

紫外線で肌焼けをしてしまうというのは、お肌を防ぐためにメラニンを多くする、言えば防御策です。小麦色に焼けてしまった肌は元気な印象を人に与えるのですが、肌年齢の視点で見ると肌にとってはいいことではない訳ですから、その対処法が重要です。